超音波風速計とセパレート型風速計の用途と仕組み

超音波風速計は、超音波を活用して風速を測定する方法のため、機材には専用の超音波を発信したり受信したり送受信機を必要とします。超音波を作り出し発信したり受信する上では電源を必要とするため、専用の配線や回路を組み立てます。 一方、セパレート型風速計は、風向計と風速計を別々な構造をし、外観上が特殊な形状をしているタイプが主流です。微風の変化にも対応することができるため、高精度に測定できます。 共に超音波型でもセパレート型でも、使用される用途には気象観測の他に、煙突や橋梁などの建設工事などで、風速や風向を把握するために活用されます。他にも高層ビルでは風の影響を直に受けるため、上階の風速を観測する上で重宝され、セパレート型の場合には軽量化が図れ、設置に手間取ることもないため活用されるシーンも多いです。

超音波型の風速計の形状と用途について

超音波風速計の大きな特徴は、形状がアンテナの様な形状をしており、風向きなどで三次元で対応できる状態で測定を行うことが可能です。送受信機が対となって取り付いており、その間を風が通り抜けるので、その通り抜ける風の強さを超音波で測定します。 超音波は一定の間隔で送信・受信されますが風が通り抜けると、送信されてから受信までの時間に遅れが生じるため、その遅れの頻度を計測することで風速を把握することが可能です。原則としてコンパクトなタイプとなりますが、周囲に風の影響を受けない障害物がないことが前提となります。 コントロールボックスを取り付けることで、時間ごとの変化を記録する上で使用することも可能で、実際に山岳や高層ビルの屋上などに取り付けることで測定することもできます。主に風洞・ビル・橋梁などでの風速を調査する上で用いられます。

セパレート型の風速計の特徴とその用途とは

セパレート型の風速計は風速と風向を別々に分けて測定するため、互いに干渉されないため、高精度で測定できるメリットがあります。軽量で小さなタイプであること、超音波風速計の様に費用がかかったりすることもなく、取り付ける上では比較的に安価となります。 その理由としては超音波を発する装置を必要としないためで、アームを伸ばして上部に回転体を取り付け、下部には風向を測定する羽を取り付けています。安価ながらも強固なタイプで耐久性にも優れているため、測定者に支持されることの多い風速計となります。 農地などの広い敷地がある場所に取り付けられていることも多く、街角などでも目撃することもあります。また原発や大規模工場が立地している自治体などでは、風向きなども重要となることも多いため、盛んに設置され、このタイプの種類が多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加