風速計の種類と選び方、超音波風速計の種類

風速計は風量を調べるために用いられる計測器です。従来もの風速計といえば風杯型風速計と風車型風速計があります。風杯型は風を受け止める円錐殻の風杯と呼ばれる機器を3つまたは4つを垂直な回転軸に取り付けて風を捉えるというものです。回転によって風速を観測することができ仕組みも簡単で、さまざまな種類が使われていますが風向までは調べることができませんからその場所の風速のみを観測するのに使われます。
風車型は、プロペラのような水平軸の風車を使って観測するものですが、飛行機のような垂直尾翼があり、これにより風の方向に向くというもので、これにより風の吹く方向と風量を調べることができます。
一方でこれらは機械的に軸を回転させることで風量を調べるもので、静的に調べる風速計として超音波風速計があります。風速計の選び方はそれぞれ使用する用途に応じて選択する必要があります。

超音波を使う風速風向計のメリット

軸の回転によって風量を調べる方法のデメリットとしては可動する部品があるため故障する可能性があることです。このため定期的なメンテナンスが必要ですし外気温による機器への影響も考慮しなければなりません。そのような問題を改善した風速計が超音波を用いたものです。
この場合には超音波を限られた空間の中で送信部と受信部を作り、その間の超音波の伝播時間を測定することで風速を測るというものです。一つの送受信だけであれば風杯型と同じく風速だけを調べることができ、2組を設置することで風向も調べることができます。さらに3組を用いることで立体的な風量と風向を測ることができます。また可動部品が存在せず作動部分を屋外の露出しないことから耐候性に優れるといったメリットがあります。

超音波風速計の種類と選び方について

超音波風速計の種類としては二次元と三次元があります。二次元の場合には平面的な風速風向を調べるのに適していますし、風杯や風車と異なってスペースを取らないメリットがあります。このため場所を取らずあらゆる場所に設置することができます。
一方で三次元の場合には送受信機2組を120度の間隔で三方向から斜めに設置するというもので、この斜めのセンサーから得られた伝播時間の差を演算することで水平方向だけでなく上下の方向の風速を観測することができます。このためより精密な風速風向の観測が必要な場合に適しています。
なお、選ぶさいには衝撃に強いものや、気温に対応するためヒーターを装備したもの、落雷の保護回路も組み込まれているものがあり、設置する場所に応じて選ぶのがポイントです。

計測器の製品のご紹介は、単品・セットにてご紹介しています。 温湿度センサーとは温度を計測する温度センサーと湿度を計測する湿度センサーのどちらの機能も備えているセンサーです。 大震災以降、新エネルギー対策として、太陽光発電が増加傾向にあり、太陽光発電計測システム向けもご紹介しています。 本社の所在地は、東京都東村山市秋津町5-2-15です。 超音波風速計のご購入なら「FieldPro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加